忘却

20050116120047.jpg

とても好きなものがあったのですが、最近そうでもなくなったような気がしてですね。
「あれ、飽きちゃったかな」とか思う今日この頃だったのですけれども。
実はそれは単に自分の忘却作用だったらしい事に気づいた……はうヽ(゚□゚;)ノ

それをあんまり長いこと見てないので、存在自体を忘却の彼方に消し去ろうとしているらしい……あると思えばまた煩悶するので、いっそ無かった事にすれば気持ちも楽になるだろうという考え方ですのね。
そういう事は普通の人にも普通にあるかもしれないのですが、でも大概自分が意図的にやってると思うのですよ。

しかし私の場合、自分でも分からないところで勝手にそういう事やってて、気づいたら症状がかなり進行してて最早どうやって元に戻していいのか分からなくなってしまい「そんなつもりじゃなかったのに……」途方に暮れてたりするのが、一般的には割と珍しいパターンなのではと思うのであります。

存在だけならまだしも。
その名前すら、忘れてしまうかもしれない危惧感を最近ふっと感じてて、頑張って繰り返しそれに関しての記憶を呼び戻すのですけど、何だかそれすらもひどくぼんやりとした実感を伴わなくなっている部分が既にあって、自分自身にも「夢」や「ただの妄想」だったような気すらする感覚は、正直かな~り怖いものであるのです。

こんな訳のわからない変な事をここに書くつもりはあんまり無かったのですケド。
でも今書いてないと、明日の私がこの危惧感さえ忘れてしまっていたらと思って……せめてその抵抗の為にもこうやって記しておきたいと思った訳なのです。

ゴムは何度も使ってると耐久力が衰えてやがてぶちって切れてしまうものですが、
今までそれなりに頑張ってきたつもりだったのですけど、結構アブナイなあって思う今日この頃。

でも、これだけは本当に。
どれだけ自分的にしんどくても、それが好きだった感覚を絶対に忘れたくなんかないのは本当。

20050128084626.jpg

ファリたん、せっかく花の髪飾りも付けられるようになったのです。
一見全く関係ない事のように見えるかもしれないけど、でもそれが少しだけ勇気をくれるような気がするのデス。

きっとまだ、まだ頑張れると。
まだ頑張れるよと。
己に切に請う日々なのでありマス(≧∇≦)b

グスっていえば……

20050116120047.jpg

【グスゲン鉱山】なんですお、私は。
なのでPTメンバーが揃って狩場の話になったときに、
メンバーA「狩場どこにしましょかね」
メンバーB「グスのトンボ(形状がトンボに似たモンスター)かなあ。あれは40からの獲物だけど、38前後でも今の狩狩シ忍黒赤って編成ならイケるでしょ」
私「ふわー、あそこのトンボってそんなにつおいんですね~」

グスゲン鉱山の表層段から階段を降りたところにうろうろしてたトンボ。
あれってそんなに強いのか、前行った時うっかり手なんか出さなくて良かった。
と、内心思ってたのでつ。

メンバーB「じゃあジュノからパシュハウ抜けてコンシュいきましょか」
とチョコボで皆で走って狩場に向かったところ……。
コンシュタット高地でPTの行く先がばっきり分かれました。
メンバーA「あれー黒タルさん、一人でどこ行くの?」
メンバーB「おーい【グスゲン鉱山】に行ってるヤツがいるぞーw」

……………………え?

グスって…【グスゲン鉱山】ぢゃなくて。
【グスタフの洞門】だったのでつか!∑(゚∀゚;)!!
だって、だって、私は黒魔がメインで当然行ったことなんでつもの【グスタフの洞門】なんて!

メンバーB「ごめ、言い方が悪かったね~ヽ(゚□゚;)ノ」


いあ、うん、私もなんか話が変だなあって思ったんでつよ。
【グスゲン鉱山】でPTやってる人たち見たことなかったしね……orz

でもおかげさまで【グスタフの洞門】なんて怖いところで初めてやれまちたw
ここはBuneって言うレベル60台の方がぱんって殴られて即死するような、すごいワイバーンのHNMとか出てくる場所なんでつよ、がくがくぶるぶる(((゚◇゚; );゚◇゚)))

そして。黒魔道士レベル40キタ━━━━(゚◇゚)━━━━ !!!!!
やっとデジョン2が使える歳になりました~!
でも一回死んだらレベル下がっちゃう状態なのでせめて保険にもう一回ぐらいはPT行ってこないとですの~(≧∇≦)b

護衛クエにいってきまちた★

20050116120103.jpg

【みっしょんにいこう2】の続きを書こうとしたら、前に行った護衛クエの写真がまだあるから「それ書け」との、管理人からのご指示出まちたヽ( i ◇ i )ノ
お、覚えてるうちに書かなきゃですの。


《護衛クエスト》とは何か。
いろんな理由を元に、ダンジョンを行きたがるNPCさんを、文字通り目的地まで護衛するクエストなのです。
NPCさんは基本的に強くないので、アクティブモンスターに絡まれると2撃ぐらいであっさり死んでしまいまつヽ( i ◇ i )ノ
それを殺されないように、絡んできたモンスターを倒してあげたり、NPCさんに回復魔法をかけてあげたりするのです。ちなみに護衛NPCさんが殺されたらアウト。初めからやり直しという事になります。

今回はバストゥークで依頼された冒険者olaviaさんをダンジョン《クロウラーの巣》にて護衛するのです。
サンドリアで受けた場合は《エルディーム古墳》で、ウィンダスで受けた場合は《ガルレージュ要塞》というところで、それぞれ相手も場所も違うのでした。

毎週護衛クエをやってるというkouさんとjantさんに誘われたので、ちょっと好奇心もあり行ってみることに……
いあ、レベル35前後の黒魔タルだと、
まぢに護衛×護衛になるのでつが!

他の参加者(正式なとも言う…)は赤魔Fさんと白魔の師匠、赤魔Wおにいちゃま、そしてナイトKouさん、獣使いjantさん。
しかしバストゥークの名声が低くて(それなりにクエストをこなしてその国で有名にならないと発生しないクエストがあるのでつ…)Wおにいちゃまと私はクエ発生せず……。
今回はクエストは受けずに取り合えず体験してみようとの事で、クロ巣へGo!
※これは後でバスに戻ってきて、ガルカンソーセージをガルカさんに渡すクエを4D分ぐらい繰り返したら発生したでつヽ(^◇^;)ノ

20050122141513.jpg

クロ巣の中を、金髪ポニテヒュムのolaviaさんと走ります。
jantさんの丁寧な説明を頭の中でよおく繰り返しながら、今のところはインビジ(知覚遮断魔法)スニーク(聴覚遮断魔法)なくても大丈夫、大丈夫……

20050122141523.jpg

段を降りて、通称S芋(soldier crawler)からアクティブになってきまつ。いもむちは聴覚なのでスニさえ切らさなければ大丈夫。
写真奥にいるS芋は、このクエの最中まさに獅子奮迅の働きを見せていた獣使いjantさんの魅了にあっさりとかかって、仲間を攻撃してる最中でつ。
olaviaさん、ここでちょっとだけ待っててですよー?

20050122141530.jpg

1回目はolaviaさんがゴール直前でお亡くなりになってアウトヽ(^◇^;)ノ
2回目にして無事クリア致しました~。写真は護衛が終ったので今から脱出する瞬間。
報酬は依頼者にもらえる【ミラテテ様言語録】ですが、これはアイテムとして使うと経験値が1000~1500ぐらいもらえるという、低レベルさんにはうまうまな代物w
依頼を受けられたFさんと師匠は、戻ったバスにて無事報酬を頂き歓声を上げておりましたです。
もめでとうでありまつ(≧∀≦)/


えーところで、護衛の護衛はどうしてたかというと。
続きを読む

北方の地へいってまいりまちた

《みっしょんにいこう2》はいったんお休みして、イベント報告ですの~(≧∀≦)/
20050116120103.jpg

●イベント/最後のテレポ石ヴァズを取るぞザルカバードツアー
時間:22時00分~24時00分
場所:南サンドリア>ラングモント峠>ボスディン氷河>ザルカバード
最後のテレポ・ヴァズ石を取りにザルカバードへ行きたいですのツアーですの。
ついでにボスディン氷河でデジョン2もゲットしちゃえという事で。
D2組>イファリリ・師匠・デチさん・Iさん・Z兄さん・Wおにいちゃま
ヴァズ石組>イファリリ・Tさん
(LS内外問わず)暇なので護衛役やってやろう&他に北の地に用事のある方もふるってご参加くださいませですの~!
どうせならアラでも組んで、わいわい賑やかに行きたい希望(≧∀≦)/

(以上 名前以外原文そのまま<笑)

そんな感じで始まったイベントですの。主催者は初めてなので胸がどきばくだったのです。
実際南サンドリアを出発したのは10時半過ぎになったのですが、一時は延期かと危ぶまれたところもあったので決行できて感涙でありました~。
Tさんが出発に間に合わなかったのが残念ですの(iдi)
そして久々のログインだったLさんが、いきなりわけも分からずに拉致られてσ(^◇^;)北の地に向けて出発~!

あ、そうそう。純然たる護衛&道先案内役にナイトKouさんと赤魔Fさんが来て下さいました~w
ので参戦者は私以下、タルタル族がデチさん、Iさん。
ヒュムがKouさん、Fさん、Z兄さん、Wおにいちゃま。
エルヴァーンがLさん、後にザルカで合流した師匠の総勢9名。
1PTは上限6名なので、2PTでアライアンス組んでのツアーでありまつw 願い叶いました也~(≧∀≦)/

20050123051708.jpg

南サンドリアから東ロンフォールの森を抜けて洞窟に入ると、そこはラングモント峠であります。
ラングモント峠はいきなり敵が強くて、レベル30台とかだとインビジ(視覚遮断魔法)スニーク(聴覚遮断魔法)必須のとても×2こあいところなのですが、レベル70越えてる方々にとっては連中は雑魚も雑魚。すごい殲滅状態でモンスター片端から倒しながら先にばんばん進む進む。それを呆然と見ながら後を着いて行く私たち……あんまり凄すぎて写真撮る暇ナカッタヨ。
ダメダメです。
ようやく気持ちが落ち着いて撮れたのが上の写真。
ラングモント峠を抜けてこれからボスディン氷河というところで、インスニ魔法多用でMPも心許なくなったのでちょっと一休み。

20050123051714.jpg

再び先にすすみまつ。ボスディン氷河はその名の通り雪が降ってるか吹雪いてるかで、たまーーーに晴れてるところだそうで。
雪がちらつく中お兄さんたちの後を必死で着いて行く後姿。ちなみにこの写真だとインビジの魔法を使ってませんが、実は使ってないとトラ(写真中央奥の黒っぽい物体)が走ってきて前足でちゃいって叩かれます(ホントに)
実際この直後にデチさん(写真左隅の赤いちびタル)が叩かれたという、決定的な瞬間写真……相変わらずデチさんモテモテ。トラまっちぐらの魅力であります。

20050123051724.jpg

デジョン2という魔法が欲しかったら、ボスディン氷河にウィンダス国の鼻の院の院長がいるからその人から魔法を預かってきなさいと悪名高いシャントット博士に言われて。はるばる会いに行ったら、氷河の塔にいる人たちは部下ばかりで院長さんはフェ・インというところにいるとか。
フェ・インは白い石で出来た遺跡のような場所で、更に更にこあいところです。途中からLv.70越えの人たちですらインスニをかけなければならなかったぐらい……ヽ( i ◇ i )ノ

ソンナニアブナイトコロダトハ シラナカッタヨ

よく構ってくれるヒュム美女フレンドPさんが「いま私もフェ・インにいるけど、サーチしたらここにファリちゃんの名前があってびっくりしたよー。ここで何してるの?」とtell(直接本人と話せる会話機能)で聞いてきたぐらいでつw
私「デジョン2取りに来たですの。でもこあいよー(iдi)」
Pさん「そうなんだ。がんばれーw」
おかげさまで院長にも会えて新魔法をお預かりすることができまちた。あとはシャントット博士にこれを渡せばデジョン2が入手出来るはず。
ちなみにデジョン2は黒魔道士Lv.40で覚える魔法で、同じPTメンバーさんだったら、相手が設定したHP(ホームポイント)へ飛ばして帰してあげられる目茶目茶便利な魔法なのでつ(≧∀≦)/

写真は無事フェ・インの中から出てきて、仲良くヒーリング中のタル3匹。

20050123051731.jpg

と、ここで師匠が参戦。
結局D2ツアーには間に合わなかったのでつが(iдi)保護者として来て下さいました。
って師匠、白魔道士/召喚士でつか(゜ロ゜;)

20050123051738.jpg

風の回廊で、突然誘われた北米PTでゲットしてきたという召喚獣ガルーダ姐さんを早速ご披露……それでサポ召でちたか。
しかしこうしてみるとスゴイ写真ですな……黒澤監督の映画みたい。

しかしこの直後、Wおにいちゃまが「体調が悪いので帰るね」ということで現地でログアウト帰還……(iдi)ひいてた風邪がもう良くなるかなと思ってたら、悪化したとか。
ゼンゼンキヅカナカッタ……
もつかれさまです。早く良くなってですの~(iдi)

20050123051745.jpg

ザルカバードについて無事にテレポ・ヴァズのクリスタル石をゲットです。これでいつでもこの場所にテレポで一気に飛んで来れるというものw ラングモント峠もボスディン氷河も、もう通らなくてもいいのでつ(≧∀≦)/
ということで記念写真をぱちり。
……最中に、スニ切れたLさんがこの後ろから突然アーリマンに絡まれたりして、ちょっとだけハプニングもあったですけどヽ( i ◇ i )ノ
改めて無事に写真が撮れまちた。こうしてみると皆様なかなかよい面構えで壮観ですのw

ということで参戦もつかれさまでした~(≧▽≦)b
ツアー組まないと、私なんか到底適正レベルでD2ゲットできなかったでつよ……本当に本当に助かりまちた。
改めて、ありがとうございましたですの(*^-^*)

みっしょんにいこう2【ベトー編】

20050116120103.jpg

天晶堂でアイテムを3つ揃えたので再びベトーへ戻りまつ。
師匠にスニーク魔法をかけてもらいながら、ベトーの最深部へ……と結界の前でアイテムがきらりんと光ります。

中は獣人も何もいなくてしんとした空気でした。
暗い中をひたすら走っていくと水色に輝く水晶柱みたいなものが正面に現れたのです。

20050115114625.jpg

そこの一点を調べると魔晶石が手に入ったのですが、その時に同時に魔晶石が過去におこった物語を見せてくれるのです。

クゥダフの聖域を心無く蹂躙するヒュムと、今も続くガルカとの根強い確執。そして起こった悲劇。
魔晶石は無事手に入ったものの、その喜びよりも衝撃が強すぎてちょっとだけ無口になってしまったのでした……。

さて残る魔晶石は【オズトロヤ城】【ダボイ】の二つ!
続きを読む

みっしょんにいこう2

20050116120103.jpg

新しいブログに移行しました。なんたって旧ブログ、重すぎて開かないんですよ奥様。
もう仕方ないから今度からFC2のこれ。管理人α兄さんもお怒りであります。
とはいえ、せっかく設置したのはいいけど何やかにやで更新してませんでした……とりあえずものすごくタイムラグがあるのですがミッション5の話をば……。

ジュノのカムラナート大公様から、獣人共に怪しい動きがあるので、その中心にある魔晶石を奪ってくるようにとの事。
ヤグードの本拠地オズトロヤ城・クゥダフの本拠地ベトー・オークの本拠地ダボイから、それぞれ魔晶石を取ってきて揃えたら、代わりにジュノ←→三国の飛空挺パスを発行してやろうだそうです。
飛空挺パスはお金で買おうと思ったら50万ギルもするのです……こりはやらないと。
イファリリ=レベル25ぐらいの黒魔道士。
このミッションのソロクリアレベルは58ぐらい。

ソロで行ったら確実にしぬw

という事で不憫に思ってくれた師匠がまたもや手伝ってくださいました。
まずは亀のような外見をもつ獣人クゥダフのNMを2匹倒してキーアイテムをゲットし、天晶堂というところでベトーの魔晶石があるところの扉を開けるアイテムに変えてもらわなければならないのです。
スニークという足音を消す魔法を師匠にかけてもらうと、あら不思議。クゥダフは私を見つけることなく先へ先へと進めます。

20050115114524.jpg

もちろん魔法を使うとMPが減るので、師匠ヒーリングして回復。

20050115114542.jpg

NM一匹目を発見。使えるようになったばかりのダークモールをぶんまわして師匠戦います。
さすがに何も出来ないので、後ろからただ応援する私。
回復の要である白魔道士とはとても思えないよ師匠……すげーつおいです。
さすがエルヴァーン。ダークモールも白専用なのに攻撃+10とかあるしね……

20050115114559.jpg

もう勇姿としか言いようのないこの姿!
……おちり丸出しでつが……(ノ゜◇゜)ノ

20050115114607.jpg

二匹目も移動後まもなく発見。すかさず師匠の攻撃が炸裂!
盾を構えつつばんばん殴ります。これもうっかり参戦するとスニークの魔法がとけて、回りのクゥダフが私に気づいて集まってきてしまうのでただ応援するのみ……。
こいつも無事倒してキーアイテムを二つともゲットw
天晶堂のタルタルさんにベトーの扉をあけるアイテムに変更してもらう為、ジュノに単身デジョン(帰還魔法)しまつ。

その間。師匠は2匹目のNMを倒した時に通りすがりに話しかけてきた、同じ目的だったシーフのタルタルさんをご案内&NM狩りをお手伝いしてあげておりました~。
優しいのです(≧▽≦)/

ということで続きはまた次回に!

こんなもんかな?

20050116120040.jpg

このアイコンの時は執筆者は管理人αです。